ホーム > ながのいのち

「ながのいのち」認定品

認定商品

「ながのいのち」商品認定制度とは

長野市の主に中山間地域で生産された野菜や果物を使った、安心で美味しい加工品を「ながのいのち」商品を認定しました。

(認定基準)

  1. 認定を受けようとする商品は、公社の会員が生産する農産物を主な原材料とするか、もしくは原材料の7割以上を長野市産とすること。
  2. 独自性があり、品質も優れていること。
  3. 生産及び製造の過程が透明で、安全性について信頼がおけること。
  4. 安定的、また継続的に生産が見込まれること。
  5. 新たな雇用の創出など特に中山間地域の活性化に繫がる商品であること。
  6. 製品が食品衛生法(昭和22年法律第233号)又は、農林物質の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(昭和25年法律第175号)の規程に違反していないこと。

「ながのいのち」商品認定委員

  • 髙野  豊 氏 (長野市農業公社アドバイザー・マスターソムリエ)
  • 横山タカ子 氏 (料理研究家)
  • 中澤 弥子 氏 (長野県立大学食栄養学科教授)
  • 松澤 恒友 氏 (信州大学 工学部特任教授・ながのブランド郷土食教授)
  • 横地 克己 氏 (長野市農林部長)
ながのいのち